TP-LINK WiFiスマートプラグをLinux/Windowsから直接制御する

以前紹介したTP-LINK WiFiスマートプラグ制御をPC(Linux/Windows等)から実行できるプログラムを作ってみた。コマンドライン・オプションによりオン・オフしたりできる。

TP-LINK WiFiスマートプラグをESP32(Arduino)から制御する

紹介元サイトで公開されているPythonで書かれたtplink_smartplug.pyをC言語に移殖(というかほぼ全部書き換え)したもので、OrangePi/RaspberryPiなどのLinuxやWindows上で実行することができる。Linuxはgcc、WindowsはMSYS2 MinGW64にてwsock32とws2_32ライブラリのリンクが必要となる。

https://github.com/softScheck/tplink-smartplug

スマートプラグのアドレスを調べるために元プログラムにデバイス検出機能を追加してみたが、実際に使う場合にはルーター等のDHCPにて固定アドレスを割り当てしたほうが良いだろう。

しかし、Pythonに比べるとコードがバカデカイ。個人的にはあまり好きではないがPythonでの開発って凄く効率よさげだなと思ったりも...