Microchip PIC16F1454 PC電源連動型USB-HUBを改良してみた。

PCの仮想COMポート経由のコマンド文字列によりUSB電源制御を可能にしてみた。

Microchip PIC16F1454 でPC電源連動型USB-HUBを作ってみた。

Windows … COM??
Linux … /dev/ttyACM?

WindowsもLinuxも古いバージョンのものは駄目だが比較的新しいバージョンのOSであれば標準ドライバーでアクセスできるはず。たぶん。

2018-07-01
USB電源端子をPWM駆動する機能を追加。ブザー、LED、ヒーター、ファン制御等に使えて便利です。って、確か、これってUSB-HUBだったような気もするが...もはや、何でもあり? (/・ω・)/

2018-06-29
予想通りバグバグしてたのでかなりの部分を修正。

PCB剥き出しのままだと可愛そうなので3Dプリンターでケースを作ってあげた。いつものごとくハメこみ式。ネジ類は使っていない。

本体をPCに接続したらTera-term等のターミナル・ソフトで仮想COMポートを開いてコマンドを送信することができる。アプリとの連携利用を考慮し、本体はエコー・オフ状態で起動するためターミナル・ソフトを使う場合は、最初にエコーをONにすることをお勧めする。

ECHO ON

その後、

HELP

を入力すると使い方の説明が表示されるので参考にしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください