理想のRTOSを自作する (7)

【GPIO管理クラス】

GPIOの外部割り込みを管理するクラス。ピン指定により管理オブジェクトを生成し、レベルやエッジ指定でピン変化を待つことが出来る。現在のピンの状態、パルス幅などを取得することが可能。

【概要】

ピン管理オブジェクトを生成する。variants.h内のピン定義を指定する。arduinoのピン番号とは異なるので注意すること。

指定の待ち方(mode)でピン変化を待つ。レベル指定の場合、既に指定レベルであれば即座に戻ってくる。
タイムアウトをゼロ指定した場合、既に指定の状態であれば現在のピン状態(LOW or HIGH)を返し、ピン変化待ちとなる場合はWAIT_TIMEOUTを返す。タイムアウト値にマイナス指定すると永久に待つ。一つのピンに対し複数のタスクが同時に待つこともできる。

現在のピンの状態(LOW or HIGH)を返す。

直前の指定レベル(LOW or HIGH)のパルス幅をマイクロ秒で返す。

【ソース・コード】

【関連する投稿】
理想のRTOSを自作する (1)
理想のRTOSを自作する (2)
理想のRTOSを自作する (3)
理想のRTOSを自作する (4)
理想のRTOSを自作する (5)
理想のRTOSを自作する (6)
理想のRTOSを自作する (7)
理想のRTOSを自作する (8)
理想のRTOSを自作する (9)
理想のRTOSを自作する (10)
理想のRTOSを自作する (11)

カテゴリーrtos

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください