コンポジット信号からV-SYNCを検出する

我が家のひかりTVチューナーを新しいチューナーに入れ替えたら、他のAV機器を電源連動していた電源連動コンセントが機能しなくなり困っていた。しょうがないので電源連動コンセントを自作することに。最初はHDMI中継器みたいなものを作ってHDMI信号により連動しようかとも考えたが回路よりもその実装が大変そうなので躊躇。よく見るとひかりTVチューナーの裏側にコンポジット出力端子があった。今どき誰も使わないだろうと思われる端子であるが、HDMIと同時に信号が出ていることが確認できたためこの信号により連動できる回路を考えてみた。最初はコンポジット信号の映像信号だけに着目してみたが真っ暗な画面と無信号状態が区別できず断念。次にV-SYNCを検出することを考え調べてみたものの古いビデオ信号用ICを使う例ばかり。なんだか帯に短したすきに長しという感もあって、次のような回路を考えてみた。既に一年くらい経過したが今でも正常に動作している。

バースト信号とV-SYNC信号の中間を狙えるよう初段の抵抗値を調整するのがコツである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください