ADS1015を使ってみた。

秋月電子、スイッチサイエンス、Aliexpressなどで販売されているADS1015ブレークアウト基板を使ってみた。
ADCはAVR内蔵のものしか使ってみたことがないがADS1015はかなり安定しているように見える。これはいいかも。基準電源を内蔵しているので部品点数も少なくて済む。但し、I2Cなので高速サンプリングは期待できないが...って、それは気にしないことにして、いつものようにライブラリを作ってみた。ADS1015とADS1115の両方に対応してみた。

【サンプル・スケッチ】

【ライブラリ】

カテゴリーADC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください