Seeeduino XIAO (ATSAMD21G18) のDACライブラリ

DACライブラリを作ってみた。が、DAC出力は正常であるものの割り込みとイベント連携が正常に動作しない。ユースケース的にはそれらが動作しなくても困ることはなさそうではあるものの...プログラムの問題なのかハードウェアの問題なのかDACの仕様が不明確でわからないことが多すぎるし簡単なプログラムなだけに何が問題なのか検討も付かない。

何が問題なのかわかる人がいれば教えて。お願いします。<(_ _)>

【概要】

ライブラリを初期化する。

ライブラリを終了する。

DACの設定を行う。

割り込みコールバック関数を設定する。

割り込み要因の設定を行う。

イベント入力を設定する。

イベント出力を設定する。

DACを開始する。

DACを停止する。

DACデータを設定する。

DACデータバッファを設定する。

電圧(uV)を指定してDACデータを設定する。

【サンプル・スケッチ】

【ライブラリ】

【参照ライブラリ】
Seeeduino XIAO (ATSAMD21G18) のGPIO速度 (IOBUS.h)
Seeeduino XIAO (ATSAMD21G18) のGCLKライブラリ (gclock.h/gclock.cpp)
Seeeduino XIAO (ATSAMD21G18) のEVSYSライブラリ (eventsys.h/eventsys.cpp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください